いくしなじんじゃ

生品神社

生品神社

1333年(元弘3)、新田義貞が後醍醐天皇の綸旨[りんじ]を受け、北条氏(鎌倉幕府)打倒のために兵を挙げたと伝えられる地。「大中黒」の軍旗がはためいたというクヌギの大木のほか、旗挙塚[はたごづか]や床机塚[しょうぎづか]などが残る。義貞は鎌倉幕府打倒後の混乱の中、足利氏との戦いで38歳で戦死。毎年5月8日、「鏑矢祭」[かぶらやさい](旗挙げの儀式)が境内で行われる。

  • ジャンル:社寺・教会
  • 住所:群馬県太田市新田市野井町640
  • 電話番号:0276-47-1833 (太田市観光協会)
  • 営業時間:
    オススメの時間:
  • 定休日:
  • 料金:拝観自由
  • 駐車所:あり