にいどのとうろう

二位殿燈籠

二位殿燈籠

壇ノ浦の合戦で幼い安徳天皇を抱いて入水した清盛の妻・二位の尼(平時子)の遺体は、宮島の有の浦に流れ着いたといわれる。その二位の尼を弔うために有の浦に建てられた燈籠で、ひときわ大きな姿が目立つ。

  • ジャンル:記念碑・像
  • 住所:広島県廿日市市宮島町有の浦
  • 電話番号:0829-44-2011 (宮島観光協会)
  • 営業時間:見学自由
    オススメの時間:
  • 定休日:見学自由
  • 料金:見学自由
  • 駐車所:なし